アルバイトとピアス事情

MENU

高校生のお金事情はバイトしか解決できない

高校生になると、オシャレへの関心が一気に加速します。

 

そして異性への関心も加速します。好きなクラスメイトに好意を持ってほしいからオシャレするし、クラスの友達がどんどん綺麗になっていくから負けじとオシャレにいそしみます。

 

 

私が耳にピアスをあけたのも高校時代でした。専用のピアッサーを耳たぶにあて、カチッというまで器具を手で押して耳たぶに穴をあけます。この作業を友達がやってくれるのですが、人の耳に穴をあけるのって怖いですよね。

 

 

 

友達は最後の最後で怖気づいて泣いてしまいました。で、他の友達が思い切って私の耳たぶに穴をあけてくれました。カチッといって穴があいた瞬間は、痛みもなくあっという間でした。後からジンジンして少し血が出た事を覚えています。

 

 

 

こうして穴があいたと同時に耳に装着されたピアスを「ファーストピアス」と言うのですが、このファーストピアスは約1ヵ月間外してはいけません。

 

 

 

私はバイトをしていなかったので、夏休みに入ったと同時にピアスをあけ、約1ヶ月後の始業式には透明なピアスに付け替えて学校へ行きました。透明なピアスとは、樹脂で出来たクリアなピアスの事です。

 

 

 

元々はアレルギー体質の方用に作られたものだそうで、最近ではファーストピアスにも樹脂製のピアスがあるそうです。バイト予定だけどどうしてもピアスをあけたい!と切望するのなら、この様な樹脂製のファーストピアスを選ぶと良いでしょう。

 

 

 

もし樹脂製ファーストピアスの存在を知らずに普通のファーストピアスをつけてしまった!もうすぐバイトの日になってしまう!という非常事態の学生さんがいるなら、この際髪型を変えて耳たぶを隠すか、耳たぶに絆創膏を貼って乗り切るしかありません。

 

 

しかしこの絆創膏作戦、結構気を付けるポイントがあります。絆創膏の粘着分部がピアスにくっつかない様に注意する必要性があるのです。バイトが終わって絆創膏を剥がす際、無理に引っ張る事で出血する可能性があるから油断できません。

 

 

 

更には痛みもありますし、化膿してしまう恐れもあります。対策としては、薄手のガーゼを小さくカットしてピアスの上に乗せ、その上から絆創膏を貼るのが良いと思います。どうしても高校生のうちにピアスがしたい!でもバイトもしたい!というのなら、髪形で隠す+透明ピアス+絆創膏という方法で対策するのが良いでしょう。

 

 

まぁ一番適切なのは、高校を卒業してからピアスにチャレンジする事ですが。それでもどうしてもピアスしたい!って乙女心は良く分かるので。これらの対策をお勧めします。